コラム

11月13・14日開催(福岡)歌曲公開マスタークラスのお知らせ

11月​13日・14日に福岡で開催される、歌曲公開マスタークラスのお知らせです。
講師は、日本を代表するバリトン歌手として第一線で活躍され、ドイツリートのエキスパートとしても大変著名な河野克典先生です。
歌い手の方々にとっては言うまでもありませんが、ピアニストにとっても大変多くの事を学べる貴重な機会です。
私自身も、伴奏者として参加させて頂きます。
ドイツリートにご関心のある方は、ぜひ聴講にいらして下さい!

福岡ゾリステン 歌曲講座 Vol.Ⅱ 
 「シューマン・ツィクルスを中心にして」
講師:バリトン歌手 河野克典先生

 日時:11月13日(土)・14日(日) 11時~19時頃まで
 会場:日時計の丘ホール
 聴講料:各日2000円 ※両日聴講の場合は3000円
 レッスン曲目:ベートーヴェン 「遥かなる恋人に寄す」 
        シューマン 「女の愛と生涯 作品42」                                               「リーダークライス 作品24」  
        任意のドイツ歌曲 ほか

 問い合わせ 福岡ゾリステン Tel 0947-35-1417

2010.11.08 17:21

無知の知(1)「極めるという事」

友人はよく私に、好きな音楽を仕事に出来る事が羨ましいと言う。
私は、その言葉に頷きながらも内心、愛憎はコインの表と裏の様に、好きだからこそかえって難しく感じる事の方が多いのだと思う。
それは、ちょうど人間関係の築き方とも似ているのかも知れない。
互いにおいて、適度な距離感というものが必要なのだ。
しかしながら、私ぐらいの未熟者であると、まだ物事に対して客観的なスタンスを取るという事が容易でない。
好きという感情があれば尚更の事である。
距離が近すぎる為に、見えなくともよいものまで見えてしまうのだ。
それを美化してひとつの言葉に置き換えるとするなら、おそらく愛情となろう。
果たして私には、その変わる事のない愛情を生涯持ち続け、音楽と向き合ってゆく覚悟があるだろうか。
音楽家は、ある種の使命感から逃れられる事はない。

フランスの哲学者デカルトは、「我思う、ゆえに我あり」という命題を残した。
人間の意識が認識する現象は疑い得ない事実であり、自分が存在すると思う、その行為自体によって自らの存在を証明する事の意味である。

芸術に身を捧げるという事は、誰の、また何の為であるのか。
ただの自己満足に終始してはいないだろうか。
私は、その答えを探し続け、今日もまた楽器の前に向かう。

模索する中で、デカルトの命題の本質からは逸れるが、インスピレーションを受けて次のフレーズが浮かんだ。

「我ピアノ弾く、ゆえに我あり」

演奏をする、そして何かを表現して聴衆の心に訴えかけるという事。
その行為によって、自分自身の存在を証明出来るという所まで、いつの日か辿りつけたら・・・
そんなとてつもない願いを抱き続けている。

2010.11.05 22:30

ウェブサイトをリリース致しました!


皆様 はじめまして!
ピアニスト 塩見貴子 オフィシャル ウェブサイトにお越し頂き有難うございます。
出演に関する情報や、日々感じている事をコラムにして、随時発信させて頂く予定です。
皆様の温かいサポートをどうぞ宜しくお願い致します!

塩見 貴子

2010.11.03 13:08

新着コラム

2019.10.22
語学習得のための秘訣とは
2019.09.29
楽譜を読む事はカンタンでしょうか…
2019.08.31
頭痛には暮々もご注意を?
2019.07.20
コンサートの模様が掲載されました!
2019.06.08
「コルトーを偲ぶ会2019」のお知らせ
2019.05.26
音を聴けば全てがわかる?
2019.04.30
A Happy New Era!

バックナンバー