コラム

「第6回川棚・コルトー音楽祭」のお知らせ

本年は、少し早い桜の開花で、日本の最も美しいシーズンが到来しました。
ヨーロッパでは、この時期にようやく日差しが戻り始め、雨や曇りばかり続く長く重い冬の後、カフェのテラスでは、未だ寒い程の気温ではありますが、一斉にランチやお茶を楽しむ人々の光景が見られる様になります。
シューマンやシューベルトのリートにしばしば登場する、高揚する恋の気持ちを、比喩的に“春”の中で表現したものは、まさにこの待ち焦がれて、心がそわそわと落ち着かない幸福感のイメージだと言えるのではないでしょうか。
実際にヨーロッパで春を経験すると、その感情がまるで作曲家にでもなった様に、リアリティをもって再現されたと感じられ、例えその音楽は一世紀以上の時代を経てなお、求められる音楽や音のテクスチュアを容易に想像する事が出来ます。

さて、この春の時期には毎年恒例となりました、川棚・コルトー音楽祭のご案内です。
本年で第6回を迎え、毎回アンサンブル演奏の魅力を皆様にお届けしております。
この度は、フランスよりヴァイオリニストのオリヴィエ・シャルリエ氏をお迎えして、日本からはピアニストの新居由佳梨氏が加わり、デュオの夕べが開催されます。

プログラムは、生前コルトーがマニュスクリ(作曲家自らの手書きによる楽譜)まで手元に置き、生涯愛して止まなかった十八番(おはこ)のフランクを始め、グリーグそしてブラームスのヴァイオリン・ソナタ全3曲で構成された、まさに王道とも言えるべくものです。
アンサンブルの魅力は、今その瞬間で繰り広げられる、奏者達の一体となった呼吸やリズム感の中で創造される、まさに現在進行で展開する音楽です。
川棚の杜・コルトーホールならではの、アーティストの息遣いが間近に聴こえる距離で、耳だけではない五感全てをすませて、肌で感じて堪能出来る音楽祭へ、皆様是非ともお運び下さいませ!

第6回川棚・コルトー音楽祭 「京都フランス音楽アカデミー特別演奏会」
 開催日時:2015年4月4日(木) 午後7時開演(午後6時30分開場)
 会場:川棚の杜・コルトーホール
 ヴァイオリン:オリヴィエ・シャルリエ  ピアノ:新居由佳梨
 プログラム:ブラームス 「ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 作品78 “雨の歌”」
         グリーグ 「ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ短調 作品45」
         フランク 「ヴァイオリン・ソナタ イ長調」
 チケット:前売り 一般3000円  高校生以下1500円 (当日は500円増し)
 お問い合わせ:川棚の杜 Tel 083-774-3855


2015.03.15 23:15

新着コラム

2021.05.13
ミステリーを感じるパン
2021.04.23
人はどの様に意思決定を行っているのか
2021.03.18
春の訪れは「ド・ミ・ソ」から?
2021.02.12
モチベーションの理論とは
2021.01.03
謹賀新年
2020.12.31
一年を振り返って
2020.11.29
安全な歌の楽しみ方はあるのか

バックナンバー