コラム

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
ステイホームの継続により、幾らか高揚感の少ないムードの中で、新しい年を迎えられた方も多くいらっしゃるかと存じます。

年が明け、1月1日になりましても、魔法の様にコロナウイルスがすっかり消え去っているという訳でもなく、現実にはこれからもしばらく共生が続いてゆきます。
パンデミックとなってから、月日が経過しますと、警戒心も次第に薄れてくるというのが、正直なところでしょうか。感染防止対策に対する気の緩みや、また反対に「あれだけ気を付けているのだから、コロナに罹る訳がない」と言った「私だけは大丈夫」の神話、根拠のない自信も生まれてくるかと考えられます。
しかし、その様な中においても、無症状の人が周りに感染させてしまうという、このウイルスの特性を常に頭に置き、やはり誰しもが(自覚せずとも)コロナに感染しているかもしれないと「想像する」事が大切であり、家から一歩外に出たら、配慮のある行動を心掛けたいと思います。そして、心までが感染してしまう事がない様に、精神の健康を保ちながら、コロナ禍であっても、出来る範囲で新しい事にも挑戦し、反対にこの様な状況であるからこそなし得る様な事を、探し求めてゆけたらとも考えております。

さて、日本ではナポレオンが「3時間しか睡眠を取らなかった英雄」として称えられていますが、母国のフランスではあまり良く言われていないのだと、かつての留学生活で知りました。
しかしながら、年頭に相応しい彼の格言を、この度は自身に言い聞かせる事としました。
「“新年の抱負”を持つ時、何か切り捨てようと決心するなら、それは真っ先に“不可能”という言葉にしよう」
それでは、2021年も様々な分野の新しい読者の方々と、このコラムを通じて出会う機会を頂ける事を心より期待申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

塩見 貴子

2021.01.03 23:15

新着コラム

2021.06.17
朝日新聞に掲載されました!
2021.05.13
ミステリーを感じるパン
2021.04.23
人はどの様に意思決定を行っているのか
2021.03.18
春の訪れは「ド・ミ・ソ」から?
2021.02.12
モチベーションの理論とは
2021.01.03
謹賀新年
2020.12.31
一年を振り返って

バックナンバー